今日は、一試合、少年野球だけ・・・ | くいしんぼう
 

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
韓非子 (第1冊) (岩波文庫)
韓非子 (第1冊) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
韓 非
全4冊、多分、2、3が良いかも知れないし、解説本でも良いかも知れない、目から鱗の毎日に違いない
RECOMMEND
比較文化論の試み (講談社学術文庫)
比較文化論の試み (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 七平
ようやく読むことが出来た、30年以上かかってしまった
どういう訳かこの本、きちんとした本屋には、必ずある
RECOMMEND
新訂 孫子 (岩波文庫)
新訂 孫子 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

そして、この本も何十年来読んできて、やっと読めるようになった、うれしい限りだ
RECOMMEND
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
なんていうか、体ってものを知っている感じだなあ・・・
RECOMMEND
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~ (JUGEMレビュー »)
岡本 吏郎
例によって、7回読んでいるが 今回は、追加だ
RECOMMEND
百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫)
百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
ドナルド・キーン
何となく、本当に何となく買ってみた、それは驚がくの日本、そして、キーンさんだった
RECOMMEND
桜のいのち庭のこころ (ちくま文庫)
桜のいのち庭のこころ (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
佐野 藤右衛門,塩野 米松
素晴らしい 本物
RECOMMEND
タオ―老子 (ちくま文庫)
タオ―老子 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
加島 祥造
どかん、どかんと心に響く
RECOMMEND
田中角栄という生き方 (別冊宝島 2183)
田中角栄という生き方 (別冊宝島 2183) (JUGEMレビュー »)

大好きな政治家に二人いる、佐藤栄作、田中角栄だ。 高校生の時に佐藤栄作が大好きだと言ってみんなの総スカンを食ったことを覚えている・・・。 その次に好きなのが角栄だ。二人とも志のある、それに尽きる。そして、その生まれと育ちが角栄の場合には、哀愁を持つのだ。
RECOMMEND
内臓とこころ (河出文庫)
内臓とこころ (河出文庫) (JUGEMレビュー »)
三木 成夫
☆をいくつでも・・・感動とは、こういうことを言うのだろう
RECOMMEND
小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書)
小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
アルボムッレ・スマナサーラ
年初めは、やはりこれから始めました。5回目です。
RECOMMEND
無思想の発見 (ちくま新書)
無思想の発見 (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
養老 孟司
発見ってのは、こういうことか、私たちの日常の原理というか、日本教っていうものを目の前に提示してくれている、まさに私たちの鏡だ。
RECOMMEND
お金の現実
お金の現実 (JUGEMレビュー »)
岡本 吏郎
これなんだよなあ、お金に関するリアリズム、これが私たちに必要なのじゃあないかと思う。
RECOMMEND
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
時間はどこで生まれるのか (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
橋元 淳一郎
昔、物理学者の渡辺慧氏の時間についての本では、どうも理解できなかったが、これは、やっと私たちの宗教観までつないでくれた、やっとすこし得心がいった。
なんと不思議な時間ってものを哲学する、相対性理論から、量子力学から、実在するものは、何か、そして、時間ってものが、私たちが生命体だってことにあることが今、明かされる。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
からだ と あたま を ことば に する
(無断転載を禁じます)
<< 京都は、よい天気だった | main | 入江 敦彦 ゼロ円で愉しむ極上の京都 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今日は、一試合、少年野球だけ・・・
中学、高校のソフトボールとは、どうしても勝手が違う。

ともかく、ゆっくりなのだ。そして、中高で長い間やってたので、キャッチャーの動きの邪魔にならないように、でも、一人審判なので、ライン確保もセカンド、サードのクロスプレーも追いついてなるべく目の前でジャッジしてあげたいと思うので、ともかく、スタートをきるのだ。

その為には、昔、少年野球の時に習ったスクウェアに構えるとダッシュできない、そして、内角のきわどい、デッドボールかボールかストライクかをジャッジしなくてはならない。

特に東京の全国レベルの某中学は、上手に膝を出すのだ。最初の打者がラインを消すのは、折り込み済みだけれど、ともかく、本当に見てないといけないのだ。

で、プロでも、教本でも多く書かれているバッター側の足をピッチャーに向かって出して構えるようにしている。

これだと、キャッチャーをさけて、ダッシュして、走り回ることが、そう、やっとできるようになったのだ。

それが、今日は、やはり、少年野球の審判団からは、許せないらしい。

どうして、ジャッジじゃなくて、形を直そうとするのだろうか。

でも、ジャッジも下手なので、これまた、どうしようも無いのだけれど。

特に、今日勝った方のチームは、しゃがむ、バントで牽制する、バットを引いて・・・と下らないことをいっぱいやってくる。

その中で、ストライクをバンバン取ったのだ。監督から、タイムを取って、あれは、スイングかと聞いてきたので、フールブックの通りに警告しようかと思ったのだけれど、相手にすると2回目に退場にしなくてはならないから、適当にハイって返事だけをした。実は、外角低めをちょっと取りすぎたなあと思っていて、今度は、間違えないようにしようと思ってた時なのだけれど、バッターは、ボールを見ないで、振る前の動作だけをする、何の意味?って聞きたくなる、はっきり言って、打てよ、振れよ、始まらないだろうって言いたくなるのだ。

で、監督が振ったのか?とかの聞き方に、ハイって返事だけだったので、振ったことになったので球場全体がブーイング、もちろんバッターもだ。ストライク、ボールへの抗議は、あり得ないので、あのタイムと抗議?をきいちゃあ、このゲームから排除しなくては、ならないと思い、はいはいとした。

こんなことは、試合後の審判仲間だけでの反省会で議論する、どうするべきだっかたを。要するに、ミスを一回で済ませるために、もっとはっきり、ストライクだけをしっかり言うだけが良いのじゃないかとか、事情を分かった上で、教えてくれる、これは、有り難い。

今日は、一試合で終了。お疲れさまでした。
| 野球、ソフトボールの楽しみを審判の目で見ていて | 11:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:40 | - | - |
コメントありがとうございます。

いつも思うのは、もっと楽しいのにって・・・、春のシーズンもそろそろ準決勝、決勝。この後は、教育リーグと称して、基本的には、4年生以下の試合が始まるのです、バットを振って、当たった、そして生まれて初めてのヒット・・・こんな経験をして、ゲームを楽しんでくれれば良いと思ってます。

| 下駄 | 2010/05/04 8:25 PM |
下駄さん、お疲れさまです。

この記事を拝見して胸が痛みました。「スポーツマンシップ」はもはや死語となったかのように感じます。小中学生の段階からそのような野球をさせるなんて…。
児童の健全な育成が指導者の責任であり、グラウンドマナーの徹底が審判員の義務であると思います。「良いジャッジは良い選手を育て、良いプレーは良い審判員を育てる」私はそう信じて日々精進するのみです。

今日の学童野球では送りバント・スクイズをコツコツと決めてくるチームがありました。勿論日記のような意図はありません。結局負けはしましたが、あの簑島野球を見た気がして清々しい思いでした。
| コーチ | 2010/05/04 2:05 AM |









http://geta3.jugem.jp/trackback/1577