公認野球規則〈2010〉 | くいしんぼう
 

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
韓非子 (第1冊) (岩波文庫)
韓非子 (第1冊) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
韓 非
全4冊、多分、2、3が良いかも知れないし、解説本でも良いかも知れない、目から鱗の毎日に違いない
RECOMMEND
比較文化論の試み (講談社学術文庫)
比較文化論の試み (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 七平
ようやく読むことが出来た、30年以上かかってしまった
どういう訳かこの本、きちんとした本屋には、必ずある
RECOMMEND
新訂 孫子 (岩波文庫)
新訂 孫子 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

そして、この本も何十年来読んできて、やっと読めるようになった、うれしい限りだ
RECOMMEND
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
なんていうか、体ってものを知っている感じだなあ・・・
RECOMMEND
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~ (JUGEMレビュー »)
岡本 吏郎
例によって、7回読んでいるが 今回は、追加だ
RECOMMEND
百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫)
百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
ドナルド・キーン
何となく、本当に何となく買ってみた、それは驚がくの日本、そして、キーンさんだった
RECOMMEND
桜のいのち庭のこころ (ちくま文庫)
桜のいのち庭のこころ (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
佐野 藤右衛門,塩野 米松
素晴らしい 本物
RECOMMEND
タオ―老子 (ちくま文庫)
タオ―老子 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
加島 祥造
どかん、どかんと心に響く
RECOMMEND
田中角栄という生き方 (別冊宝島 2183)
田中角栄という生き方 (別冊宝島 2183) (JUGEMレビュー »)

大好きな政治家に二人いる、佐藤栄作、田中角栄だ。 高校生の時に佐藤栄作が大好きだと言ってみんなの総スカンを食ったことを覚えている・・・。 その次に好きなのが角栄だ。二人とも志のある、それに尽きる。そして、その生まれと育ちが角栄の場合には、哀愁を持つのだ。
RECOMMEND
内臓とこころ (河出文庫)
内臓とこころ (河出文庫) (JUGEMレビュー »)
三木 成夫
☆をいくつでも・・・感動とは、こういうことを言うのだろう
RECOMMEND
小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書)
小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
アルボムッレ・スマナサーラ
年初めは、やはりこれから始めました。5回目です。
RECOMMEND
無思想の発見 (ちくま新書)
無思想の発見 (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
養老 孟司
発見ってのは、こういうことか、私たちの日常の原理というか、日本教っていうものを目の前に提示してくれている、まさに私たちの鏡だ。
RECOMMEND
お金の現実
お金の現実 (JUGEMレビュー »)
岡本 吏郎
これなんだよなあ、お金に関するリアリズム、これが私たちに必要なのじゃあないかと思う。
RECOMMEND
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
時間はどこで生まれるのか (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
橋元 淳一郎
昔、物理学者の渡辺慧氏の時間についての本では、どうも理解できなかったが、これは、やっと私たちの宗教観までつないでくれた、やっとすこし得心がいった。
なんと不思議な時間ってものを哲学する、相対性理論から、量子力学から、実在するものは、何か、そして、時間ってものが、私たちが生命体だってことにあることが今、明かされる。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
からだ と あたま を ことば に する
(無断転載を禁じます)
<< トラッキングへのコメントありがとうございます | main | 今日の主審、3人制で一塁、三塁は、次の試合のチームから・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
公認野球規則〈2010〉
評価:
日本プロフェッショナル野球組織
ベースボール・マガジン社
¥ 1,050
(2010-04-01)
コメント:今年もやってきた、新しい公認野球規則
Amazonランキング: 1541位

そう、今年もやってきた、公認野球規則だ。

へたくそ審判でも毎年登録をしている、すると、この規則がだいぶ遅れて、配られる。毎年、毎年、ともかく一から読む、定義から読むのだ。

もうすぐに一回目が終わる、審判の心得も読み終わった。

次は、黄色いマーカーを引いて読む、そして、次は、赤ペンを引いて読む、ま、3回で終わる年もあるが、この規則は、ほとんど変わってないのだけれど、毎年、何回も読んでいて、毎年新しく感じるのだ。いや、3回読めば、3回目も新しく感じるのだ。

なんていうのかなあ、翻訳したところと日本人の作った注は、そう、志が違うなあって思うのだ。何回も読んでると違うのだ。

このところは、日本人の作ったところは、読み飛ばしている。そして、一環して読むと、何か違う気がするのだ。本当は、英語で読んだ方が良さそうなところもある。

先週の開幕戦でも各試合一個のボークをチーフが取ったのだ。

私は、両方とも、要するにピッチャーがランナーを騙そうとする意図を感じなかったのだ。あれは、ボークと判定するべきじゃあ無いと思うのだ。

そりゃあ、セットしてしてからの静止が不安定かも知れないが・・・毎回セットポジションがきちんと出来ない方からボークを取らないで、たまたま、ちょっと変な動きをとってしまうのは、明らかにおかしいと思うのだ。接戦だったし、一方の取られない側が結局勝ったのだ。

もう一試合は、私が1塁審だったが、主審のボークが全く理解できなかった。試合後の反省会では、セットポジションじゃなくてワインドアップだったからとか、全く変なことを言っていた。ピッチャーは、どっちの投球をしても良いのに。ランダウンプレイが始まったのだけれど、私は、主審がボークをひょっとして、取り下げるというか、また、変なことをするのじゃあないかという思いがあったので、同調できなかったのだ。

これは、これで叱られる話なのだけれど。どうも釈然としない試合だった。
| 野球、ソフトボールの楽しみを審判の目で見ていて | 01:00 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:00 | - | - |
コメントありがとうございます。
実は、この間、中学生の左ピッチャーに牽制されて、実は・・・

そう、ランナーと一緒に騙されてしまって


アウト!!

言ってしまいました、やっぱ、騙す奴は、許せない!!!
今度は絶対にボークって!!!言ってやる・・・悔しい!!!!!!
| 下駄3 | 2012/10/18 10:38 PM |
こんばんわ。
ボーク。これの判定は、難しいです。
騙す意図。こんなものは、だれにも判定不能です。
その意図がなくとも、ルールを知らないことに起因する
ボークも多いように思う。
セットポジションのルールをきちんと理解している
選手・監督がどれほどいるか。
野球の判定なんて、いい加減なものです。
ストライクゾーンなんか、見る人によって、
すべて異なっています。
ストライクゾーンを通過したかどうかなんて、
どうやって検証しますか。
実にあいまいなスポーツです。日本の税法みたいです。
| icenew | 2012/10/14 10:27 PM |
コメントありがとうございます。
そうですよね、肩とか首とか、足がクロスするとかしないとか、そんなことを見ろって言われて、見てると全く分からないと思うのです、意図が。それより、ぼーっと見てると、ピッチャーの気持ちが分かるような気がすることがあります。ずるい奴のためのペナルティーだと思うのです。
実は、給料が大幅ダウンしてからは、本を何回も読む様になったのですが、特に養老先生の本は、どうも3回目くらいから、本格的に読んでるという感じになることに気付きました。
貧乏は、有り難い、本は、何回も読むべしと思う今日この頃です。
| 下駄 | 2010/10/06 9:27 PM |
この本ほしいなぁ
| ps | 2010/10/06 6:14 PM |
毎年繰り返し野球規則を読み返される下駄さんの姿勢、見習わなければなりません。私の場合は野球規則が睡眠導入剤代わりという情けない有様です。

ボークの判定ですが、私は慎重派です。明らかにランナーを騙す意図が感じられれば迷いはありませんが。
昨年の高校野球1年生大会でのことですが、最終回同点ランナー三塁の場面でボークが決勝点となった試合がありました。セットが止まっていないという理由でした。
| コーチ | 2010/04/15 10:16 PM |









http://geta3.jugem.jp/trackback/1567