体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | くいしんぼう
 

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
韓非子 (第1冊) (岩波文庫)
韓非子 (第1冊) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
韓 非
全4冊、多分、2、3が良いかも知れないし、解説本でも良いかも知れない、目から鱗の毎日に違いない
RECOMMEND
比較文化論の試み (講談社学術文庫)
比較文化論の試み (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 七平
ようやく読むことが出来た、30年以上かかってしまった
どういう訳かこの本、きちんとした本屋には、必ずある
RECOMMEND
新訂 孫子 (岩波文庫)
新訂 孫子 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

そして、この本も何十年来読んできて、やっと読めるようになった、うれしい限りだ
RECOMMEND
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
なんていうか、体ってものを知っている感じだなあ・・・
RECOMMEND
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~ (JUGEMレビュー »)
岡本 吏郎
例によって、7回読んでいるが 今回は、追加だ
RECOMMEND
百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫)
百代の過客 日記にみる日本人 (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
ドナルド・キーン
何となく、本当に何となく買ってみた、それは驚がくの日本、そして、キーンさんだった
RECOMMEND
桜のいのち庭のこころ (ちくま文庫)
桜のいのち庭のこころ (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
佐野 藤右衛門,塩野 米松
素晴らしい 本物
RECOMMEND
タオ―老子 (ちくま文庫)
タオ―老子 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
加島 祥造
どかん、どかんと心に響く
RECOMMEND
田中角栄という生き方 (別冊宝島 2183)
田中角栄という生き方 (別冊宝島 2183) (JUGEMレビュー »)

大好きな政治家に二人いる、佐藤栄作、田中角栄だ。 高校生の時に佐藤栄作が大好きだと言ってみんなの総スカンを食ったことを覚えている・・・。 その次に好きなのが角栄だ。二人とも志のある、それに尽きる。そして、その生まれと育ちが角栄の場合には、哀愁を持つのだ。
RECOMMEND
内臓とこころ (河出文庫)
内臓とこころ (河出文庫) (JUGEMレビュー »)
三木 成夫
☆をいくつでも・・・感動とは、こういうことを言うのだろう
RECOMMEND
小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書)
小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
アルボムッレ・スマナサーラ
年初めは、やはりこれから始めました。5回目です。
RECOMMEND
無思想の発見 (ちくま新書)
無思想の発見 (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
養老 孟司
発見ってのは、こういうことか、私たちの日常の原理というか、日本教っていうものを目の前に提示してくれている、まさに私たちの鏡だ。
RECOMMEND
お金の現実
お金の現実 (JUGEMレビュー »)
岡本 吏郎
これなんだよなあ、お金に関するリアリズム、これが私たちに必要なのじゃあないかと思う。
RECOMMEND
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
時間はどこで生まれるのか (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
橋元 淳一郎
昔、物理学者の渡辺慧氏の時間についての本では、どうも理解できなかったが、これは、やっと私たちの宗教観までつないでくれた、やっとすこし得心がいった。
なんと不思議な時間ってものを哲学する、相対性理論から、量子力学から、実在するものは、何か、そして、時間ってものが、私たちが生命体だってことにあることが今、明かされる。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
からだ と あたま を ことば に する
(無断転載を禁じます)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あけましておめでとうございます

税理士の友人の話を聞きに行った、本当に素晴らしい話だったので

紹介します

 

本当に嫌な奴、思い出したく無いほど勘弁して欲しい思い出

そんなことを受け入れる               「勇気」

その勇気を支える                 「やさしさ」

そして、そんな機会を戴いて、自分に気づきを与えてくれたことに

対する 「感謝」

 

これは、整体術の野口晴哉先生の話にありましたが、子供の頃の打身が

大人になって出てくる、そのような体の反応を受け入れる

これは、スマナサーラさんの仏教の本にもありましたが、今の痛みを

意識すると、痛みに負けている自分に気づく

いまの体を動かすことそのものを意識する瞑想とか

 

これらのことは、自分に対する気づきでもある、そんなことを思い出さ

せてくれた

 

やはり企業の経営者を相手に、自己破産も含めいろいろな人、超一流の

方々を相手に多くの従業員を従えて仕事している

 

自ら「騙され易い人」と称して、要するにこれが引き寄せの法則だと思

うけれど、多くの人が吸い寄せられる、私も面白そうだと思って、話を

聞きに行った

 

今年も宜しくお願いします

 

下駄

さかい きよし

評価:
野口 晴哉
筑摩書房
¥ 648
(2003-02)
コメント:これだなあ、体のことを知る
Amazonランキング: 1347位

評価:
アルボムッレ・スマナサーラ
集英社
¥ 756
(2011-11-17)
コメント:これだなあ、自分という存在に気づき、そのことによって忘れることができる
Amazonランキング: 65517位

| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
思わず、いつも楽しみに見ていた張本さんの喝、あっぱれを消してしまった
テニスの錦織の話が今回の澤なんとかさんが解説する
世界ランク14位とか書いてある

自分でも言っていた、「おこがましいのですが・・・メンタル・・・」

そこでテレビを消してしまった
テニス協会かどっかの偉い人かも知れないが、うちのベテラン審判と同じだ
テレビを見ていて、何が言えるのだろうか、それも世界ランク一位どころか、10位以下にしかなったことない選手が何をいうのだろうか、そりゃあ、公費でフランスに行けなかったのは、悔しいかも知れないが

なんでだろう、自分もわからないけれど、聞きたくなかった
それも心技体なんてのを黒板に書いてあって

何でいつも日本人は、メンタルなんだろう
そうやって戦争に負けたのに

下駄
| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
人ってのは、百倍、いや千倍違うのでは?
お陰様でNHKでトップアスリートのプレイや物語が一杯見られるようになった。有り難い。

あれを見ていると、我々とは、百倍違うように思う、ただ、それは、我々に百年の努力が足りないって言うことではないのじゃないかと思うことがある。

それは、自分の仕事の分野にしてみると、十倍違う人、どうも十分の一の人までいるのは、分かるのだけれど、それは、でも、その人の素質のようなものでは無くて、どうも本気かどうかにかかっていると思うことが多いのだ。

その本気度は、自分の仕事に引き比べると、そうだなあ、その視点というか、持っている尺度によって測ることが出来るように思うのだ。そう、ある人にとっては、夕方5時30分までの時間をみることに集中している、ある人は、自分の配属された課のミッションを最優先にする、ある人にとっては、自分の会社なんてどうでも良くて、そうだなあ、お客様に集中している感じがある。

どれを10倍、0.1倍にするかは、人それぞれだから置くとして、確かに10倍くらいの違いは、そのようなものから生まれるような気がする。でもみんなは、錦織圭、イチローには、なれない。

でも、ある得意分野にもってくれば、凡人の10倍くらいには、なれるだろう。

それが、100人も集まると、全く違う質の人が生まれ、凡人の100倍くらいの人が出るだろうと思う。

でも・・・彼らは、千倍だろうなあ。

下駄
| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ、始まるメキシコでのボクシング、藤岡!!菜穂子!!
KOしかないのだ

まず、練習用ジムは、用意されない、駐車場だ

連打を打たせてくれない、第四ラウンド

最終ラウンド・・・・勝った!!!

藤岡を讃える、メキシコの人々

素晴らしい、誇りです

素晴らしい、藤岡菜穂子

下駄
| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤岡菜穂子
いやあ、凄い
多分、己を捨てている
身をまもっていない
辞めた後も後悔しない
圧倒的に強いので、挑戦者が現れない

三階級も違う、それで始めて挑戦者が現れた
トレーニングの孤独な日々
間もなく四十歳

相手は、マリアナ・ファレスだ、それもアウェー、メキシコだ
そう、やるかやられるかだ、レフリーも2人がメキシコ人だ
長いリーチ、鋭いジャブに掴まってしまう、狙うは、ノックアウトただ一つ

疲れたからこそ、冷静に、小さいパンチで連打、冷静に
男子選手の前座・・・だから食って行けない
アルバイトしてる、毎日、毎日

本番は、10ラウンド、スタミナをどうつけるかが勝負だ
実は、なんでもスタミナなのだ、これが本質なのだ

勝った選手のプライドを背負う、やれるとこまでヤルのだ

下駄
| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドクターG 感動だ
逃げるなってことだ!!

その為には、常に、常に、備えてなくては、ならない、油断大敵ってことだ。

そう、逃げちゃあいけなってことだ!!

今でも思い出す、先輩が私に「お面ーん」って追いかけてくれて、逃げんな!!ッて叫んでくれた

有り難い、あれが、あれこそが私の原点だ

下駄
| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガンマン
 NHKのプロフェッショナルを見た。

ガンマンって言うらしい、ガントリークレーンの操縦、運転、オペレータだ。

他人の1.5倍をこなすらしい、そして周囲のメンバーにも優しい、雑じゃない。

この間のコンシェルジュといい、今回のガンマン、これは、再放送らしいが、いやあ、良いなあ。

憧れる。

ともかく一生懸命、仕事をしている姿が美しい、あの美しさは、何らの計算も打算も何もない、そこには、仕事への集中だ、そしてまわりへの気遣いだ。

本当に一つ事に、そう、本当の意味での一所懸命だ。

何ものにも代え難い、働く意味がそこにあると思う。それを見せてもらって本当に有り難い。

下駄

それにしてもこのところのNHKプロフェッショナルは、当たりに当たっている、私のハートに。今の仕事に慣れて、いや、馴れてきて、少々危うくなっている現状に喝!!を入れてもらっている、そんな気がする。

そして、今の自分が、過去を繰り返していることが、思い知らされてきた。そんなとき、このプロフェッショナル、心にしみる。全く成長の無い、下駄だなあ。

合掌 下駄
| 体を使うって事とその効用、思考、志向、嗜好 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |